Japanese / English

Welcome

AI・ビッグデータ時代の社会インフラヘ

私たちボウラインマネジメント(Bowline Management Inc.)は、2017年に誕生いたしました。

私たちは、 「社会や一人ひとりの個人にとって重要な情報資産を護り、活用」し、「社会の活性化、ひいては人々の幸せの質向上に貢献する」ことを目指しています。


実現したいこと

デジタル化が進展する世の中で、働く人々の幸せの実現に貢献する。

 

そのために、これからの知識創造社会にあった新しい仕事のやり方を創り、世の中に広める。

 

それを実現するために、文書や映像、音声、ログデータなど様々な情報のよりよい使い方を研究し、世の中に広めるとともに、社会に存在する知恵を残し、後世に伝えるしくみをつくりあげる。



Bowline Management が提供するサービス

AI(人工知能)、ビッグデータの時代に入り、企業・組織、またそれらに関わる人々にとって、情報・データの持つ価値はますます高まっています。 

また、個人にとってもデジタル化によって、従来では考えられなかったほどの大量のデータを扱うことができるようになり、これまでにない柔軟な働き方やライフスタイルができるようになってきました。

 

しかし、せっかくの有用な情報をどう活用してよいかわからず、苦慮している組織や個人が多いことは事実です。

また、そもそも適切に情報が管理されておらず、紛失、盗難、あるいは改ざん等によって原本が失われている例も後を絶ちません。

  

組織や人が安心して働くためには、情報を安全・確実に管理し、かつ、活用できるしくみが必要です。

私たちは世の中にある優れたサービスを紹介していくとともに、様々な企業や各分野で知見をお持ちの方々と連携して新しいサービスを創造していきます。

 


お知らせ

データ保全のための緊急支援メニューの提供 (金, 27 3月 2020)
>> 続きを読む

「データ消去サービス」を公開 (Wed, 25 Mar 2020)
>> 続きを読む

「2020TDM推進プロジェクト」に参加 (Sat, 14 Mar 2020)
>> 続きを読む

テレワークの強化を開始 (Tue, 03 Mar 2020)
>> 続きを読む

「データ保全カンファレンス2020」開催 (Wed, 19 Feb 2020)
>> 続きを読む

データ保全サービス「Amberlt」WEBサイトをリニューアル (Mon, 10 Feb 2020)
>> 続きを読む

2020年版 データ保全業界カオスマップの公開 (Fri, 07 Feb 2020)
>> 続きを読む

Startup Timesに当社CEOインタビューが掲載 (Tue, 04 Feb 2020)
>> 続きを読む