Japanese / English

Welcome

私たちボウラインマネジメント(Bowline Management Inc.)は、2017年に誕生いたしました。

私たちは、「社会、組織の生産性の向上」のために、 「社会にとって重要な情報資産を活用」し、「社会の活性化、ひいては人々の幸せの質向上に貢献する」ことを目指しています。


実現したいこと

デジタル化が進展する世の中で、働く人々の幸せの実現に貢献する。

 

そのために、これからの知識創造社会にあった新しい仕事のやり方を創り、世の中に広める。

 

それを実現するために、文書や映像など様々な情報のよりよい使い方を研究し、世の中に広めるとともに、社会に存在する知恵を残し、後世に伝えるしくみをつくりあげる。



Bowline Management が提供するサービス

AI(人工知能)、ビッグデータの時代に入り、企業・組織、またそれらに関わる人々にとって、情報・データの持つ価値はますます高まっています。 

また、個人にとってもデジタル化によって、これまでにない柔軟な働き方やライフスタイルができるようになってきました。

 

しかし、せっかくの有用な情報をどう活用してよいかわからず、苦慮している組織や個人が多いことは事実です。

また、そもそも適切に情報が管理されておらず、紛失、盗難、あるいは改ざん等によって原本が失われる例も後を絶ちません。

  

組織や人が安心して働けるようにするには、情報を安全に管理し、かつ、活用できるしくみが必要です。

私たちは世の中にある優れたサービスを紹介していくとともに、様々な企業や各分野で知見をお持ちの方々と連携して新しいサービスを創造していきます。

 


お知らせ

データ保全サービス「Amberlt」(アンバルト)をリリース (水, 25 9月 2019)
>> 続きを読む

「データ保全で組織を守る」セミナーを開催 (Tue, 24 Sep 2019)
>> 続きを読む

フレックスタイム制度を導入 (Mon, 02 Sep 2019)
>> 続きを読む

データ保全推進研究会に参画 (Fri, 09 Aug 2019)
>> 続きを読む

情報資産管理マガジンの運営主体をデータ保全推進研究会に移管 (Thu, 01 Aug 2019)
>> 続きを読む

JIIMA機関誌に当社が紹介 (Tue, 25 Jun 2019)
>> 続きを読む

本社移転のお知らせ (Tue, 25 Jun 2019)
>> 続きを読む

第三者割当による資金調達を実施 (Fri, 31 May 2019)
>> 続きを読む