Japanese / English

AI・ビッグデータ時代の社会インフラヘ

私たちは、 「社会や一人ひとりの個人にとって重要なデータを護り、活用」し、「社会の活性化、ひいては人々の幸せの質向上に貢献する」ことを目指しています。


実現したいこと

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、働く人々の幸せの実現に貢献する。

 

そのために、データ主導社会にあった新しい仕事のやり方を研究し、世の中に広める。

 

それを実現するために、組織や個人がデータの効率的な管理・活用ができる支援を行う。



Bowline Management が提供するサービス

データの持つ価値はますます高まっており、データの蓄積と活用が国家や組織の価値を決める時代に入っています。 

また、個人においても、従来では考えられなかったほどの大量のデータを扱うことができるようになり、これまでにない柔軟な働き方やライフスタイルができるようになってきました。

 

しかし、せっかくの有用な情報をどう活用してよいかわからず、苦慮している組織や個人が多いことは事実です。

また、そもそも適切に情報が管理されておらず、紛失、盗難、あるいは改ざん等によって原本が失われている例も後を絶ちません。

  

組織や人が安心して働くためには、情報を安全・確実に管理し、かつ、活用できるしくみが必要です。

私たちは世の中にある優れたサービスを紹介していくとともに、様々な企業や各分野で知見をお持ちの方々とオープンイノベーションの姿勢で、新しいサービスを創造していきます。 


お知らせ

デジタルデータを活用した現場改善サービスで協業 (水, 12 8月 2020)
>> 続きを読む

「日本の経理をもっと自由に」プロジェクトに賛同しました (Mon, 27 Jul 2020)
>> 続きを読む

データ保全推進研究会のイベントに登壇 (Tue, 14 Jul 2020)
>> 続きを読む

「Amberlt」WEBサイトに専門家からの推薦の声を掲載 (Wed, 08 Jul 2020)
>> 続きを読む

NECソリューションイノベータ様のコラムに当社代表が寄稿 (Fri, 26 Jun 2020)
>> 続きを読む

JIIMA機関誌に当社顧問が寄稿 (Thu, 25 Jun 2020)
>> 続きを読む

環境ビジネスオンラインにて当社CEOのコラム連載開始 (Tue, 23 Jun 2020)
>> 続きを読む

データ保全システムをリリース (Fri, 19 Jun 2020)
>> 続きを読む

新型コロナウイルスに関する当社の対応(継続) (Mon, 01 Jun 2020)
>> 続きを読む

歴史資料を活用したコンテンツ制作、業務効率化のための マニュアル制作サービスを提供開始 (Thu, 28 May 2020)
>> 続きを読む